コネクトデータのアイデンティティ

コネクトデータは、「テクノロジー・顧客・事業価値の架け橋となること」をミッションに、「テクノロジーによりデータが適切に活用される世界」の実現を目指しています。そのために、コネクトデータは、 3 つのバリューを重視・体現していきます。

ミッション

テクノロジーと顧客の架け橋
「データ」を基軸に、先端テクノロジーから従来のテクノロジーまで、全てのテクノロジーと現場の架け橋になり続けます。
顧客と事業価値の架け橋
初動的な技術検証や意思決定支援だけでなく、その開発や実運用にいたるまで伴走し、顧客のデータ活用に、そして事業価値の創出に徹底して寄り添う存在であり続けます。
テクノロジーと事業価値の架け橋
データ活用のあらゆるフェーズを知悉ちしつする者として、データ活用文化の啓蒙を通じ、顧客にとっての長期的な事業価値を追求します。

ビジョン

テクノロジーによりデータが適切に活用される世界
適切なテクノロジーが適所に活用されることで、データの収集から活用にいたるまでが無理なくつながり事業価値を生む世界、それがコネクトデータが目指す未来です。

バリュー

実行当事者としての気概
第三者として独立的な立場で客観的な視点を持ちつつも、顧客の悩みに寄り添い自らが執務当事者としての視点を持って、顧客とともに問題解決に挑戦していきます。
先端テクノロジーの追求と高い専門性
理想的なデータ活用の実現のために、最先端テクノロジーを追求し続けます。最高の知識と技術に根ざした高い専門性を持って、データ活用をリードします。
技術的中立性
技術的中立性に立ち、あらゆるテクノロジーの可能性を検討します。その選定から利用にいたるまで一切妥協の無いテクノロジーの追求をもって、個々の顧客に合わせた最善解を目指します。